大切な愛犬のためのグッドサービス|肝臓病に気づいて治療しよう

2匹の犬

見ていて飽きない活発さ

超小型犬のポメラニアンは自立心が強く、運動量もさほど必要としないため、世話する時間を取れない方向けの犬種です。室内で飼うことが基本のため、無駄吠えのしつけが必要なほか、シャンプーと爪切りが苦手なため、注意が必要です。

疑いのある症状への対策

動物病院

主な治療法

肝臓病になってしまう犬は多く、犬種によってなりやすいものや外的要因から発症してしまう場合もあります。肝臓はさまざまな機能をコントロールする役目を持っており、その機能が弱ってしまうとあらゆる症状が引き起こされます。具体的な症状には、食欲不振や体重減少、嘔吐や下痢などが挙げられます。これらの症状が見られたら、肝臓病の可能性もあるため医療機関で診てもらう必要があります。そもそも犬が肝臓病になってしまう原因は、肝臓病になりやすい犬種を除いては、殺虫剤や除草剤などの化学物質や毒素による影響が考えられています。その他にも、ウィルスや細菌感染などもあり、これらが肝臓の機能を弱らせてしまうのです。犬の肝臓病への治療は、一般的に薬物療法と食事療法が行なわれます。薬物療法では、コルチコステロイドや抗生物質が使われます。薬物は肝臓病による症状を軽減させる効力がありますが、肝臓病そのものを完治させるわけではありません。しかし、この治療によって目立っていた症状が落ち着いてくるようになるので、早急な対策としては適しています。次に、食事療法では栄養価が高く、高いカロリーの食事を与えていくように医療機関から指導されます。肝臓病になってしまうと食欲が急激に落ちてくるため、良質な食事内容が求められます。栄養が優れた食材の他にも、脂肪やたんぱく質を多く含むものが高いカロリーを摂取できます。炭水化物もカロリーの維持につながるので、食事療法を意識することで健康的な体重や丈夫な体が目指せます。犬の食欲がない場合は、食事を小分けにして与えていくと食べやすくなります。

女性と犬

確実な購入方法です

トイプードルを飼う際には、犬のことを知り尽くしているプリーダーから直接購入することが一番確実です。信頼できるブリーダーであれば、血統や病気の管理も徹底して行われているため、安心して購入することができます。

チワワ

ペットを購入する方法とは

チワワやトイプードルなどを購入するときには、ブリーダー直販がお勧めです。こちらではペットショップや中間業者よりも子犬を安く購入することができます。また基本的なしつけなどを子犬に教育しているので、初めて子犬を飼う方でも安心できるはずです。